①お部屋探しはいつから始める?
「4月1日から入居したいんだけど、いつ頃から探し始めればいいの?」
とか、
「結婚したから1Kから2LDKに移りたいんだけど、二重家賃になるの?」

など、実際いつから探し始めればいいのかよく分からない方も多いはず。

ここでは、お部屋探しのタイミングについて触れます。


●1年中で一番物件が豊富なのは1~3月

進学や就職・転勤などで圧倒的に物件情報そして探している人が多いのは「3月」です。

新築物件は3月に完成・入居できるように計画しているマンションが殆どで、1月位から本格的な募集が始まります。3~4月に新築物件に住みたいと考えている人は、1月から情報収集を始めた方が良さそう。

中古物件も同様にこの時期に豊富に出回ります。通常、3月に退去する場合、1ヶ月以上前に退去予告をしなければならないので、1~2月には募集が始まっています。
 
とにかく、新築・中古共、たくさん物件があり、自分にピッタリの物件に出会える可能性は他の時期に比べて高まりますが、ライバルも多いわけです。

「2~3日考えていたら他の人に決められた、、、」

なんてよくある話しです。この時期にお部屋探しをする人は、「決断力」と「行動力」が必要とされますよ!


●4月~夏にかけては一服し、9月に第2のオンシーズンが

3月までは豊富にあった物件情報も4月になると物件数も減り、同時に探している方も少なくなります。なにがなんでも3月入居でなければならない方以外は、あえて1~3月を避けてお部屋探しするのも得策かも。
 
理由①
ライバルが少ないので、1~3月よりはじっくり物件を探せる。ということは、あせって決めてしまって、あとあと後悔してしまうなんて可能性が低い。

理由②
探している人が少ないイコール不動産屋さんも空いているので、キチンと対応してくれる。

理由③
3月は引っ越し屋さんもトップシーズンで引っ越し代が高い!それ以外の月は3月に比べると安い。


●家賃はいつから払い始めるの?入居日と家賃発生日の違い

「そんなの入居してからに決まってるでしょ!」とお思いのあなた!そうは問屋が卸しませんよ~!

どういうことかご説明します。

入居申込みをしてから家賃の支払いが発生するのは、一般的に1~2週間後です。
例えば、4月1日に入居をしたい場合、3月中旬に入居申込みをすれば入居日と家賃発生日が同じになるので、無駄な家賃を支払う必要はありません。

しかし、運良く?2月中旬に気に入った物件が見つかった場合はどうでしょう。
入居は4月1日だから4月1日からの家賃発生にしてくれ!と大家さんに頼んでも無理な相談です。

実際の入居は4月1日であっても、3月1日から家賃を支払わなければ気に入ったお部屋には住めないことになります。

つまり、入居しない3月分を余計に支払わなければならないことになるわけです。

このような無駄な家賃を支払わないようにするためには、3月中旬に申込みをすれば良いのですが、その間に他の人が決めてしまうことも充分にあり得ますよね。

「気に入ったお部屋に住むこと」と「無駄な家賃を支払わない」

あなたにとってどちらが優先事項なのか、よく考えてみて下さいね。


●賃貸から賃貸に住み替える場合、二重家賃に注意!

現在の住まいが賃貸で退去をする場合、だいだい1ヶ月以上前までに退去予告をしなければなりません。この予告期間がポイントです。

パターン① 住み替え先を決めてから退去予告する場合

メリット
今のお部屋に住みながらお部屋探しをするので、いついつまでに住み替え先を見つけないといけない!ということが無いので、じっくり探すことができる。あとあと、「こんなはずじゃなかった、、、」という失敗の可能性も少ない。

デメリット
気に入ったお部屋の申込みをしてから1~2週間後には家賃が発生する一方、今住んでいるお部屋の退去予告は1ヶ月前までなので、家賃を二重に支払わなければならない。


パターン② 退去予告してから住み替え先を決める場合

メリット
退去日(家賃の支払いが終了する日)と住み替え先の入居日(家賃の支払いが始まる日)が同日であれば、二重に家賃を支払う必要がなくなる。入居申込みを退去日の1~2週間前にすることができればベスト。

デメリット
退去予告した日にちまでに退去しなければならないので、住み替え先が決まっていなくても退去しなければならない。退去日が迫って慌てて部屋を決めなければならず、失敗する可能性も、、、
 

結論としては、パターン①をオススメします。多少の二重家賃は目をつぶって、住え替先をじっくり探す方が得策でしょう。


お部屋探しは、『鹿児島賃貸マンションナビ』でどうぞ。
■  [PR]
by heya-tatsuzin | 2009-01-04 19:51
②優先順位をつけよう! >>